公債のこととファイナンス復活などについて勉強した

公債について学校しました。世界や地方自治体は、歳出を税金で賄うことができない都合、公債(国債・田園債)を発行して不足する資金を賄うことになります。ただし、日本では公債の供与が間もなく経済の硬化化をまねいたり、将来の年齢に苦しい負担を強いる原因となることなどから、経済法(1947歳)によって公債の供与を厳しく制限してきました。公債は、国会の議決で公共商い費、融通キャッシュおよび借金キャッシュの財源に割り付けるために公債の供与を認めている。そして、経済再建などについて学校しました。1965歳の不景気をきっかけに建設公債が発行されるようになり、二度と第1後石油非常時後の1975歳からは、年度ごとに特例法による特例公債(マイナス国債)も発行されるようになりました。そして、税金実入りが伸び悩む中で公債心頼みたびは徐々に高まりました。1980時に入り、経済再建のための圧縮経済がおこなわれ、1980時後半の好況(バブル景気)によって経済が短時間向上しました。知らないことがあったので、勉強になりました。キレイモ 回数

豚バラ肉のモツ鍋独特、野菜たっぷり元気、娘も喜ぶ大OKの夕御飯になりました。

今日のディナーの食事は、豚バラ肉のモツ鍋風にしました。
真中の次女がクックパッドで見つけて、おすすめだよと分け目で送ってくれたのがきっかけです。
モツの代わりに豚バラをいれるお鍋だ。

フライパンで豚バラ肉をごま油に胡椒を加えてトーンが変わるまで炒めて、そこに水を入れて沸騰したらあくを取る。
そこに、鶏がらスープの素、醤油、砂糖、オイスターソース、塩分を加えて味付けをやる。
そして、ニンニク、七味、もやし、キャベツを加えて蓋をして柔らかくなるまで煮込むというものです。

ものすごく美味しいですよ。
うちは生育盛りの乳幼児もいますし、野菜はがっちりニンジンとしめじも入れちゃいました。
ニンニクとに場合のアロマが何とも言えない、食欲をそそります。
ついつい超絶で軟らかいキャベツというのがあって、実際美味しかっただ。キャベツの芯までポカポカで豚バラとのツキも見事でした。

エンディングはやっぱり、麺だ。
今日の麺は、ちぢれラーメン。これもたまたま超絶で半額に。いつもはちゃんぽん麺とかなんですが。
豚バラ肉のモツ鍋風にはぴったりの麺でした。

子どもは汗かきながら食べてました。美味しすぎのお鍋来週もしよな。下っ腹 ぽっこり