川内選手が優勝で東京オリンピックグランドチャンピオンシップ出場権獲得

先日は期待の大迫選手が見事2時間7分台の好記録で福岡国際マラソンを制し盛り上がりを見せてきた日本男子マラソン界ですが、今度はこれまで低迷するマラソン界を引っ張ってきたと言っても過言ではない市民ランナーの川内選手が抜群の安定感で防府マラソンを制しました。前走の福岡国際マラソンと今回の優勝タイムの平均が2時間11分を切ったことで東京オリンピックの選考会ともなるグランドチャンピオンシップへの出場権も獲得しています。川内選手はこのグランドチャンピオンシップへの出場についてはインタビューでもあまり興味がない感じでしたが、いろいろなものを超越してマラソン道を突き進んでいるような感じでいかにも川内選手らしいと思ってしまいました。陸連への批判的なコメントや通算で70回を超えるフルマラソン参加など、今までのマラソン界の常識を覆し続けている川内選手。こういった選手が活躍することによってマラソン界がかなり意識的な改革がなされてきているのではないかと思います。東京オリンピックへの出場はともかくとして、これからも川内選手の活躍に期待したいです。

ウォータークーラーも高いですが、水道も高いです

ウォータークーラーは高いですが、水道水も高いのです。水道水は、水道を使うと下水の分も払うことになりますから、ウォータークーラーを使っても、そこまで損することはないのです。まず、お水がおいしいです。子供が大きくなると、シャワーもたくさん浴びたりして、お水代がたくさんかかるのです。ひと月、1万5000円もかかったりします。デモ仕方のないことです。そこで、注意したりもするのです。
どうしても、光熱費も高くなるのです。それでも、チャラいのがいいという時代でもないので、ある意味助かっています。製品自体が進化したというところもあります。
個人的には、電気よりもガスのほうが好みです。ガスのほうが、温まるのも早いような気がします。なんでも、生きるにはお金がかかりますね。大家族、これしか、費用を安く節約する方法はなさそうです。
コンパクトにできるお水だけかけっるヤシつくりのパックもあるでしょうか。やってみたいです。脱毛ラボ v全剃り