単細胞期と多細胞期などについて習得をした

細胞について勉強をしました。タマホコリカビ(細胞性粘菌)は、単細胞の時機と多細胞の時機が交互に出現する楽しい生き物だ。ふつう単細胞状態でやりくりしますが、桿菌などの囮がなくなると、多細胞化して群生となります。群生は退職人体となり移動しますが、ゆくゆく動きをやめて立ち上がり、その先に子実体を形成します。人実体には、単独で新個体となれる生殖細胞(胞子)がつくられ、ばらまかれた胞子は発芽して単細胞状態になってやりくり決める。池や沼に生息するヒドラは、イソギンチャクやクラゲの仲間の多細胞生き物であり、からだの部位に応じて、異なる細胞(分化した細胞)が見られます。例えば、からだの外層表層には、表皮に相当する上皮筋細胞があり、人体表層を覆って保護し、からだを動かすのに役立っています。このようなことを覚えましたが、知らないことが大いにあったので時間があるときに、復習目指すなと思いました。勉強になりました。まあるい旬生酵素 楽天

テレビよりradikoを聞いて、音楽に包まれた楽しい生活を送っています。

昔、田舎に居た頃は電波状態が悪く、AMでは唯一ニッポン放送が聞けましたが雑音のする状態。FM放送もザァーという音がして、あまり聞くことがありませんでした。大学時代に上京して、ラジオの音が綺麗に入ることから「東京ってスゲェ」と思いました。もともとテレビっ子ではない自分は、音楽を聞きながら何かをすることが大好きでした。ウォークマンは外出には必須のアイテムでした。仕事をするようになり早二十年。相変わらずテレビに興味を示さない自分にインターネットラジオradikoの存在を知った時は衝撃的でした。雑音が全くなく、クリアな音質。AMもFMも全く雑音なし!存在を知ってから、今までradikoを聞かない日は皆無です。FMをメインに聞いていますが、J-WAVE、Nack5を軸にたまにinterFMを聞いています。radikoを聞くようになって初めてinterFMの存在を知ったのですが、MusicMIXという流行りの音楽をひたすら流している番組は何かの作業をするには打ってつけです。TVでは色んなジャンルの音楽、特にマイナーな音楽やこれからミュージックシーンに登場するようなアーティストの番組はありませんがFMは目白押しです。僕も今まで聞いたことのないジャンルの音楽をFMを通して聞いて、音楽の垣根がなくなり心が豊かになった気がします。テレビに飽きた方にradiko、オススメです。http://www.gay-deai.info/musee-yoyaku.html