高齢者のマラソンチャレンジトレーニングは辛い

3月末からフルマラソンにチャレンジしようと走り始めたが気持ちと体は別物で64歳の高齢者にはハードルの高い目標だったかもしれない。
ランナーの憧れ「サブ4」(41.195Kmを4時間以内で走りきる)を眼材絵いるが、2ヶ月近く練習をしてもまだ20kmを走るのがやっとと思ったほど走れていない現実に直面すると気持ちが萎えそうになる。
それでも、今日もトレーニングを実施しました。
自分の実力以上よりちょっと早い足で30分も走ると苦しくなり足を止めたくなる、でも、これがマラソンだと自分に言い聞かせ今日の目標の2時間を走りきった。
体はあちこち痛くてだるくて大変なんだけどでも自分で決めた目標を走りきった爽快感が唯一の救いで、また、ステップアップへチャレンジする気持ちが湧いてくるからマラソンって不思議だ、マラソンって辛いことだらけのスポーツでただ走っているだけなのにテレビ中継を一所懸命観ているのはきっとこの苦しさを感じているからなのだろうと改めて思う今日でした。5万 即日融資