関数の品種づけとシリアル甲斐の先について

関数のクラスづけなどについて訓練しました。指定したセル範囲で、特定のセル番地の成果が降順(逆順・高い順)または昇順(見た目順・小さい順)で何番目になのかというクラスを求めるには、RANK関数を使います。伸び率とは、検証の対象となる集計が、すでにある実例に比べてどのくらい増減したかを探る目的で利用されます。指定したセル範囲の中で、著しい結果を漁るにはLARGE関数、悪い結果を漁るにはSMALL関数を使います。表思索ソフトでは、日取りやタイミングに関する集計を結果として記録します。このため、日取りどうしを引き算して年月を計算するなどの思索が可能です。日取りやタイミングを結果で表現した集計をシリアル成果といいます。シリアル成果とは連続した結果のことです。表思索柔らかは、歳月日時分秒と両者ロットの違う成果(タイミング)を結果という形式で一貫して取り扱っています。このようなこと覚えましたが、久しぶりに端末を取り扱う訓練をやったので懐かしかっただ。借金返済 電話相談