物語の主人公たちはうさぎだらけの森の内部に入りこんでからの話などをします

主人公たちは、うさぎだらけの森の、内部に、入り込み、やはり、事前に、思った通りの、うす暗さを、そこそこ感じてから、進んでいきます。主人公は、仲間内で、あっても、基本的に、甘える気持ちは、少ししか持たずに、支えあう気持ちを、出来るだけ多く持ち、事にとりかかるのが、基本なのであるのだと言います。そのためには、日常で、そういう意識を常に持ち、それぞれが、自分に、言い聞かせるのが、特徴なのもあります。辺りは、どこを見渡しても、木が多くて、だから森なのですが、緑の葉の枯れたのは、地面に、落ちてるのもあります。このステージの場合には、うさぎだらけの森で、うさぎの数は、おおよそ94匹とされています。うさぎの大きさは、そんなに変わらない場合が、多く、基本的には、子供のうさぎは、どこかに、移動された形が、多い場合が、あることでの、大人のうさぎが、多いうさぎの森なのであります。モンスターに、子供のうさぎは、なおさらやられやすいというのも、あるので、その危険をさけるためも、あります。