気が付くと、全身青いものでコーディネート

ふとしたタイミングで自分の服装や持ち物を見てみると、無意識のうちに青いものばかりになっていることがあります。
濃い紺色のデニムに、ライトブルーのシャツ。セルリアンブルーのバッグに、紺色のスニーカー…。
そんな風に、濃淡は一応あるので同じ色というわけではないが、とにかく全体としてみると、青ばかりになってしまうのです。
何か服や小物を買うときに、手持ちの服やアイテムとの相性を考えて買えばいいのかもしれません。
明るいオレンジや、レモンイエロー、落ち着いた発色の赤などは、良いアクセントになるかも…なんて考えることもあります。
白やグレーを挟んで緑系の色をさし色にしてみれば、落ち着いた印象になるコーディネートだってできそうなものです。
しかし、そうしたものを単品で見たときに、「ちょっと派手かな」とか、「地味すぎではないか」と思ってしまったりするんですよね。
そうすると、また無意識に青色のアイテムに手を伸ばしてしまったりして、また青いものばかりになってしまいます。
一色でコーディネートをまとめるのも悪くはないと思うが、決して私はそんなファッションの上級者ではないので難しく思えてしまうのです。医療 脱毛 アリシア