単細胞期と多細胞期などについて習得をした

細胞について勉強をしました。タマホコリカビ(細胞性粘菌)は、単細胞の時機と多細胞の時機が交互に出現する楽しい生き物だ。ふつう単細胞状態でやりくりしますが、桿菌などの囮がなくなると、多細胞化して群生となります。群生は退職人体となり移動しますが、ゆくゆく動きをやめて立ち上がり、その先に子実体を形成します。人実体には、単独で新個体となれる生殖細胞(胞子)がつくられ、ばらまかれた胞子は発芽して単細胞状態になってやりくり決める。池や沼に生息するヒドラは、イソギンチャクやクラゲの仲間の多細胞生き物であり、からだの部位に応じて、異なる細胞(分化した細胞)が見られます。例えば、からだの外層表層には、表皮に相当する上皮筋細胞があり、人体表層を覆って保護し、からだを動かすのに役立っています。このようなことを覚えましたが、知らないことが大いにあったので時間があるときに、復習目指すなと思いました。勉強になりました。まあるい旬生酵素 楽天