公債のこととファイナンス復活などについて勉強した

公債について学校しました。世界や地方自治体は、歳出を税金で賄うことができない都合、公債(国債・田園債)を発行して不足する資金を賄うことになります。ただし、日本では公債の供与が間もなく経済の硬化化をまねいたり、将来の年齢に苦しい負担を強いる原因となることなどから、経済法(1947歳)によって公債の供与を厳しく制限してきました。公債は、国会の議決で公共商い費、融通キャッシュおよび借金キャッシュの財源に割り付けるために公債の供与を認めている。そして、経済再建などについて学校しました。1965歳の不景気をきっかけに建設公債が発行されるようになり、二度と第1後石油非常時後の1975歳からは、年度ごとに特例法による特例公債(マイナス国債)も発行されるようになりました。そして、税金実入りが伸び悩む中で公債心頼みたびは徐々に高まりました。1980時に入り、経済再建のための圧縮経済がおこなわれ、1980時後半の好況(バブル景気)によって経済が短時間向上しました。知らないことがあったので、勉強になりました。キレイモ 回数