これからのゲストのあり方などについて稽古

人々の行いについて学習しました。人々面倒の偶発を防ぐためには、ポイント・人々・政府がそれぞれの場と職務を一心に自覚し、適切な結論を考えることが必要です。ポイントは、雑貨の防犯据置や付票のあり方、プライバシーの助けなどについて、法を遵守するだけではなく積極的な自主態度据置を策定し、人々の心頼みを得ることが求められます。また、政府も被害にあった人々を救済始めるという見解だけではなく、人々怪我の偶発を未然に防止する政策を考える必要があります。一層、人々手動も加盟に対する判別を深め、ふさわしい雑貨知識を身につけて適切に判断し態度もらえる「自立した人々」になるように努力することが求められています。このようなことを学習しましたが、人々怪我を未然に防ぐにはどうしたらいいのか自分でも考えることはやれると思うので、考えてみようかなと思いました。このことは、他人事ではないし油断してはいけないことだなと思いました。